FC2ブログ
 
■プロフィール

医療法人芍薬会 灰本クリニック 管理栄養士 渡邉志帆

Author:医療法人芍薬会 灰本クリニック 管理栄養士 渡邉志帆

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
栄養コラム「モロヘイヤ」
こんにちは。
今日は8月の栄養コラムのご紹介です。今回は管理栄養士の石原さん提案のモロヘイヤのスープです。
しっかり食べてこの夏を乗り切りましょう!!

「モロヘイヤ」

エジプト原産の野菜のモロヘイヤ。「王様の野菜」を意味するアラビア語が語源で,クレオパトラも食べていたのではと言われています。
青菜類の少ない夏には,貴重な緑黄色野菜です。特に,からだの抵抗力を高めるβカロテンの含有量は野菜の中でもトップです。ネバネバ成分ムチンは胃腸の調子を整え夏バテ予防に役立ちます。
葉だけを食べがちですが,市販の茎部分の半分はながめに茹でることでおいしく食べられます。

写真

モロヘイヤのチーズ卵スープ  

(材料 4人分)
モロヘイヤ 1袋  卵 1個  粉チーズ 大さじ2 コンソメ 2個 水 3カップ(600ml) 
塩コショウ オリーブ油 大さじ2

(作り方)
1.モロヘイヤは茎から葉を外し,残った茎も葉先から半分ほどは食べられるので5cmくらいに切る。
2.茎を熱湯に入れゆで、5mm幅に刻む。別に葉をゆでる。
3.卵をよく溶きほぐし,粉チーズを混ぜておく。
4.水にコンソメを入れ煮立たせ,モロヘイヤを入れる。ミキサーにかけとろとろにする。
5.再度,鍋にもどし煮立ってきたら③の卵を流し入れる。
6.火を止め,塩コショウで味を調え,オリーブ油を回し入れる。器に盛った後、茎を上から盛る。

栄養成分(1人分) 
エネルギー 105kcal
P:F:C比(%)=16:73:10
      (g)=4.3:8.5:2.7(うち糖質1.3g)

 

ローカーボ☆栄養コラム | 21:19:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。