FC2ブログ
 
■プロフィール

医療法人芍薬会 灰本クリニック 管理栄養士 渡邉志帆

Author:医療法人芍薬会 灰本クリニック 管理栄養士 渡邉志帆

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
栄養コラム「春の魚 小女子(こおなご)」
小女子は5月が最盛期の旬の魚です。
「イカナゴ」の別名で東日本で「コオナゴ(小女子)」、西日本で「シンコ(新子)」などど様々な地方名があります。
骨ごと食べる魚なので、カルシウムをたくさん摂ることができます。また鉄分を多く含んでいるので、貧血気味の方にはお勧めです。

「小女子のマヨネーズ炒め」

(材料 作りやすい分量)
      小女子 100g、ゴマ 大さじ3、マヨネーズ 大さじ3
(作り方) 1.フライパンで小女子をカリカリになるまで炒める。
       2.①にゴマを加え香りが出たら、マヨネーズを入れて炒めあえる。
※カリカリとした触感で、サラダのトッピングとして最適です。
 大根の葉、ピーマン、小松菜などを一緒に炒めるとボリュームが出ます。
 クルミやピーナッツを加えるのもお勧めです。

  天日干し小女子
006 (3)
  釜揚げ小女子
007 (3)
   ↓↓↓
 出来上がり
008.jpg

栄養成分(上記分量)
エネルギー 528kcal
たんぱく質 21.5g、脂質 46.9g、炭水化物 5.3g(うち糖質 3.0g)

サラダのトッピングに・・・
009 (2)




ローカーボ☆栄養コラム | 01:28:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。