FC2ブログ
 
■プロフィール

医療法人芍薬会 灰本クリニック 管理栄養士 渡邉志帆

Author:医療法人芍薬会 灰本クリニック 管理栄養士 渡邉志帆

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

栄養コラム「秋のレシピ さんま」
秋を代表する魚と言えば「さんま」です。
さんまにはたくさんの栄養が含まれています。特にアブラには血液をサラサラにしたり、脳の老化を防ぐ効果もあるとして注目されています。9月ごろから安くておいしいさんまが食べられるので注目しましょう!

《おいしいさんまの選び方》
・大きくて太っているもの
・ブヨブヨしていない、身が引きしまったもの
・色ツヤのいいもの
・目が赤くなく透明なもの

簡単さんまのマヨネーズ焼き
(材料)さんま 1尾、マヨネーズ 大さじ1、塩こしょう 適量
刻みネギ お好みで
(作り方)1.さんまは三枚おろしにする。
     2.フライパンを熱し、マヨネーズを入れる。マヨネーズが溶けたら
さんまを入れて焼き、塩こしょうをする。
     3.さんまに火が通ったら、上に刻みネギを散らす。

さんまのワイン蒸し
(材料)さんま 1尾、白ワイン 50cc、しょうが 1片、塩こしょう 少々
レモン 輪切り1枚
(作り方)1.さんまを半分に切り、ワタをとりのぞき塩こしょうをする。
2フライパンにさんま、薄切りにしたしょうが、輪切りにしたレモン、白ワインを加え、ふたをして火にかける。
     3.水気ななくなるまで蒸し焼きにする。


管理栄養士 柴田 典子

ローカーボ☆栄養コラム | 19:08:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する