FC2ブログ
 
■プロフィール

医療法人芍薬会 灰本クリニック 管理栄養士 渡邉志帆

Author:医療法人芍薬会 灰本クリニック 管理栄養士 渡邉志帆

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第2回尾張一宮糖尿病ケア研究会で「ローカーボ食」をご紹介しました
こんばんは。篠壁です。
先週土曜日、名古屋市で開催された第2回尾張一宮糖尿病ケア研究会でローカーボ食の講演をさせて頂きました。看護師と管理栄養士、総勢60名ほど参加された会でした。
参加された方々は非常に熱心な方ばかりで、多くの質問を頂き大変有意義な時間を過ごすことができました。
今回、実際に日々糖尿病患者さまの治療に関わる医療関係者の方々にローカーボ食のご紹介できたこと大変光栄に思っております。
このような機会を頂きましたこと、この場を借りて御礼申し上げます。

ローカーボ食を初めて聞いた方、なんとなく聞いたことがあるような方、今までの食事療法とは根本的に発想が異なるため、なんだか違和感を感じた方もいらっしゃったかもしれません。
学術的、生化学的なことから栄養指導の実際、症例まで駆け足でご紹介しましたので、不十分な点も多かったかと思い、申し訳なく思います。

現在、当院含む、ローカーボ食により食事療法を導入している医療機関では、実際に多くの患者さまがこの食事療法で内服薬を減少できたり、速やかに数値が改善したり、その成果は学術的に証明することができています。しかしながら、包括的な医療という視点から考えますとまだまだ分からないこと、検証しなくてはいけないことが多いことも事実です。

今月5月よりNPO法人となりました日本ローカーボ食研究会では、より科学的に安全で効果的なローカーボ食の確立を目指しております。より多くの方々にご参加頂き、多くの患者さまのより良い生活に貢献できればと思っております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

篠壁 多恵




スポンサーサイト
★お知らせ★ | 21:28:11 | トラックバック(0) | コメント(0)