FC2ブログ
 
■プロフィール

医療法人芍薬会 灰本クリニック 管理栄養士 渡邉志帆

Author:医療法人芍薬会 灰本クリニック 管理栄養士 渡邉志帆

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

糖アルコールの代謝。。エリスリトールはどこへゆくのか?
おはようございます。篠壁です。
今日は久しぶりに学術情報をご紹介します。

みなさんは,0kcalのドリンクや糖類0商品,また0kcal甘味料で,糖アルコールの「エリスリトール」という言葉を聞いたり,見たりしたことがありませんか。
「エリスリトールで血糖値が上がらない」という話はすでにローカーボ食実施者,もちろん一般の食事療法実施者にとっても常識かと思いますが,本当に上がらないのか,どのように代謝されるのか,インスリンは出ないのか,健常者と糖尿病患者では代謝が違うのでは,などいろいろ疑問に思う方も多いようです。
エリスリトール含有食品によってどのように血糖が変化するかを確認するために,自己血糖測定の実施を推奨していますが,より化学的に統計学的にも実証されている研究としてIshikawa M et alの論文をご紹介します。

Effects of Oral Administration of Erythritol on Patients with Diabetes
REGULATORY TOXICOLOGY AND PHARMACOLOGY 24, S303–S308 (1996) ARTICLE NO. 0112


<5人の糖尿病患者へのエリスリトール経口負荷試験>
20gエリストール水溶液を5人の糖尿病患者へ負荷を実施。
血清エリスリトールレベルは1時間後にピークに達しその後下降した。
24時間以内の尿中総排泄量は82.0±3.7%で,72時間以内では88.5±3.3%。
グルコースとインスリンは,エリスリトール負荷3時間後に食事を摂取するまで変わらないまま変化せず,その後上昇した。遊離脂肪酸と3-ヒドロキシ酪酸はエリスリトール負荷後も上昇したが食事摂取後下降した。別の臨床検査では,エリスリトール20gを11人の糖尿病患者に14日間経口摂取させた。グルコースやHbA1cは終了時には減少した。腎機能の指標として,血清尿素窒素,クレアチニン,β2ミクログロブリンに有意な変化はなかった。エリスリトールは糖尿病患者の代謝に有意な影響は与えないようだ。


実際の論文では分かりやすい図で示されています。食事内容の詳細が示されていませんが(おそらく糖質あり)摂取したとたん,グルコース,インスリンともに上昇しています。目に見えない体内の代謝ですが,血中レベルではこんなに違う。。
また,この研究の特徴は対象者を健常者ではなく糖尿病患者で実施していることにあります。糖の処理能力が衰えている場合でも改めてエリスリトールから血糖値への影響がなく,大部分が尿中に排泄されていることが確認できました。

このような短期負荷試験は,分かりやすくていいですね。個人的に好きです(^o^)
ではまた!


スポンサーサイト
ローカーボ食の学術情報 | 09:03:14 | トラックバック(0) | コメント(0)