FC2ブログ
 
■プロフィール

医療法人芍薬会 灰本クリニック 管理栄養士 渡邉志帆

Author:医療法人芍薬会 灰本クリニック 管理栄養士 渡邉志帆

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ローカーボレシピ「ぶりの照り焼き」
こんにちは。

「今日からできる!ローカーボレシピ」

管理栄養士の堀がお届けしています。

今日は調味料をローカーボバージョンに代用した「ぶりの照り焼き」をご紹介します!

★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★

「ローカーボ版 ぶりの照り焼き」

lowcarb buri teri

☆材料☆(1人分)
ぶり1切れ(70g)、大根100g、塩 適量、サラダ油 大さじ1
《調味料》醤油、酒(月桂冠 糖質0)、砂糖(ラカント)、水 各大さじ1/2

☆作り方☆
1.ぶりに塩を振ってしばらく置いておき、キッチンペーパーで水気をふく。
2.大根は1cm厚さの輪切りに切って塩をふり,キッチンペッパーで水気をふく。
3.フライパンにサラダ油を熱し、大根とぶりを両面焼く。
4.余計な脂をキッチンペーパーでふきとり、調味料(醤油と砂糖を合わせておく)加える。調味料をまわしかけながら、照りをつける。
5.皿にぶりと大根を盛りつけ、残ったたれをまわしかける。

☆感想☆
今が旬のぶり。脂がのっておいしい時期です。今回はラカントを使うことで照りのある甘辛たれでぶりの照り焼きを作りました。
魚の煮付けは酒、みりん、砂糖を使うことが多いですが、この3種の調味料は以前もご紹介した通り、酒は糖質0の日本酒または焼酎で代用。砂糖はラカントや人工甘味料で代用できます。酒と砂糖の分量を少し多くすれば、みりんなしでも照りのあるたれができます。ラカントは普通の砂糖よりも溶けにくいので、調理している温かいフライパンの上で、湯気の熱さを利用して溶かしました。調味料を工夫することで,ローカーボ食の味付けのバリエーションも増えます。

今回使用した月桂冠(糖質0)は辛口でアルコール13~14度です。料理酒ではなく飲用です。飲みやすく味わいも豊かなので糖質0でもおいしくいただけます。


◆栄養成分◆1人分(酒、ラカントは計算に含んでいません。)
エネルギー
319kcal P:F:C比(%)=21:69:7
(g)=16.6:24.4:5.8


スポンサーサイト
今日からできる!ローカーボレシピ | 09:32:17 | トラックバック(0) | コメント(0)