FC2ブログ
 
■プロフィール

医療法人芍薬会 灰本クリニック 管理栄養士 渡邉志帆

Author:医療法人芍薬会 灰本クリニック 管理栄養士 渡邉志帆

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ローカーボレシピ「夏野菜カレースープ」
おはようございます。

「今日からできる!ローカーボレシピ」

管理栄養士の堀がお届けします。

炭水化物・糖質量の多いカレーですが,時々食べたくなります。

今回は糖質を極力おさえたカレースープにしてみました。

グリコからでている「カロリーコントロールカレー」を応用したレシピです。

★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★

「夏野菜カレースープ」

natu yasai carry

☆材料☆(1人分)
カロリーコントロールカレー辛口(レトルト)1パック(200g)、なす1/2本(50g)、トマト小2個(200g)、とろけるチーズ1枚(18g)、オリーブオイル大1(12g)醤油大2(18g)、粉末だし(適宜)、水50cc

☆作り方☆
1.なすは1cm幅の輪切りに切って、水につけておく。トマトは食べやすい大きさのくし形に切っておく。
2.熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、水気をよく切ったなす、トマトを炒める。

3.なすとトマトがしんなりしてきたら、粉末だし,水、醤油を入れ味を馴染ませ,最後にレトルトカレーを加える。お皿に盛りつけて、とろけるチーズをのせれば完成!

☆感想☆
カレーと言えば、炭水化物・糖質の多いメニューと連想してしまいます。
ご飯、ルーの小麦粉、じゃがいも、にんじんなどの野菜と気になるものがぎっしり。
今回は,なすやトマトの夏野菜を使ったカレースープにして炭水化物・糖質量をおさえました。
市販のカレーレトルトの炭水化物(糖質)=約20gに対してグリコのカロリーコントロールカレーの糖質は4.2g。かなり控えめですが、カロリーも抑えてあるので脂質も少なくなっています。
そこでローカーボ食仕様にするために
①野菜を炒める②チーズの利用で脂質を増やしました。コクもUPしますよ!

☆栄養成分☆(1人分)※PFC比はカレールーを除く
エネルギー
313kcal P:F:C比(%)=13:65:24
          (g)=10.0:20.7:16.2




スポンサーサイト
今日からできる!ローカーボレシピ | 09:44:14 | トラックバック(0) | コメント(0)