FC2ブログ
 
■プロフィール

医療法人芍薬会 灰本クリニック 管理栄養士 渡邉志帆

Author:医療法人芍薬会 灰本クリニック 管理栄養士 渡邉志帆

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「血糖値はどれくらい上がる?」患者さんの実験②白ワイン編
こんにちは。
篠壁です。

「血糖値はどれくらい上がる?」患者さんの実験②

今回は「白ワイン編」です。

さて,
ワインで血糖値はどれぐらい上がるのでしょうか???

ワインは「醸造酒」で,
基本,「糖質」がありますよね。
しかし,ワインにはいろいろな種類があります。

赤,白,ロゼ。。。甘口,辛口,ミディアム,フルボディ。。。などなど。
産地,使用原料種などもいろいろ。
よって,それぞれ含まれている「糖質量」も違いますよね。

ワインによる血糖値への影響は,「血糖値=糖質」に基づけば,
どのぐらい糖質が含まれているか!で決まります。

お酒好きにとって,血糖値の上がらないお酒が少しでも増えれば嬉しいですよね♪

ということで,
今回は,あるお酒大好き♪の境界型糖尿病患者さん(医療関係者)
の血糖測定実験を紹介します。


Aさん 男性50歳代 BMI30 HbA1c(%)6.0

甘口白ワイン500ml vs 辛口白ワイン500ml

甘口
0分)119 
30分)143
60分)178
90分) 202
120分)180

辛口
0分)105
30分)101
60分)104
90分) 95
120分)102

「辛口なら意外に上がらなかった!」

とのことでした!

ワインも糖質量がポイントです。
Aさん,安心して飲めるお酒が増えてよかったですね。

では,また。

※アルコール飲料の血糖測定は十分気をつけてください。
大量に飲まないこと。
もちろんお酒に弱い方はやめましょう。
基本,ローカーボ(糖質制限)食(可能なら同量同種類)を食べながら
「お酒の種類」を変えて実施するとよいと思います。





スポンサーサイト
The 栄養相談室。 | 12:52:54 | トラックバック(0) | コメント(0)